『おかもと整骨院』
院長からの『お知らせ』・『日々の気づき』・『感謝』・『健康アドバイス』の日記
お知らせ
お知らせです

当院では物理療法(電気療法や器械療法)も行っていますが、主となるのが手技療法です。

最近、当院にムチウチ症になられた患者さんが多く来院されています。

そこで少し心配になられるのは、首を捻じって「ボキ」されるのではないか?

治すための施術のはずが、「逆に治る期間が遅延するのではないか」などの懸念をもってみえる方も実際にいらっしゃいます。

当院では約束いたします電気かけてマッサージをして最後にボキボキなどのパターンにはめた施術は行いません。

「痛み」「炎症」「緊張」「不安」などを観察・考慮・配慮し施術を行います。

筋弛緩操作⇒痛みの発症部位や炎症部位を見極めた上で必要です。しかし強いマッサージやワンパターンのマッサージは厳禁です。今日の状態への見極めが大事です。

関節の動きを改善する操作⇒痛みの発症部位や炎症部位を見極めた上で必要ですが、強く捻じる手技は厳禁です。歪みの方向や可動減少部位が分かれば「ゆっくりとした・やさしい押圧で中立位にもどり、可動域も改善します」

心のケア⇒コミニュケーションが必要です。一方通行の接し方は厳禁です。

治療ポイントほんの一例
◎ムチウチ症の方で後頭骨と頸椎1番(一番上の骨)の間が可動減少し、一時的な狭窄が有る方(代償性)を有している場合は、かなりの確率で頭部の違和感を発症しています。ムチウチになってからレントゲンにも異常がみられないが様々な症状が発症しているという方は、ここのポイントのアプローチも必要である場合が多いです。

もちろん衝突により頭部の前屈・後屈の運動外力による中部~下部頸椎の靱帯損傷による不安定頸椎で代償性の筋緊張や損傷部位以外の可動減少関節などもありますので、そこだけをアプローチすればよいというわけではありませんが、他見症状のないムチウチによる頭痛には重要な施術ポイントになります。
※単に回旋の可動域が悪いから首を捻じってボキと鳴らすのは厳禁です。











プロフィール

masukendo

Author:masukendo
ようこそおかもと整骨院ブログへ!!スポーツ外傷とカイロプラクティック・ほねつぎ業全般の治療に携わり28年目の柔道整復師(捻挫・肉離れ・骨折・脱臼施術者国家資格者)が営んでおりますスポーツ選手・交通事故の来院多い整骨院です。高知市潮江南地区で開業20年目・葛島2年目の2院にて治療施術を行っております。一期一会を大切にできるだけ多くの方々が笑顔になって帰っていただきたいと日々の治療に奮闘中です。どうぞよろしくお願い致します。

>>おかもと整骨院ホームページへ



カテゴリ



最新記事



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



QRコード

QRコード