『おかもと整骨院』
院長からの『お知らせ』・『日々の気づき』・『感謝』・『健康アドバイス』の日記
どっちに行けば…
整(接)骨院と整体院は何が違うの?と一部の患者さんに聞かれます。当院ではムチウチ症・スポーツで痛めた・ぎっくり腰になった・寝違えたなど急性の痛みで来られる患者さんが多いので『痛めたところに対する”治療”を目的』に来院される方がほとんどですので、整体院と間違われる方は少ないのですが、


『国家免許の保健所許可の治療院』『民間資格の保健所許可なしで健康回復のために整体術を施す施術院』とお答すると

一応にご理解いただけたような返答をいただきますが、いまいちピンとこないと思われます。

患者さん側からの「この痛みをなんとか治して欲しい」というニーズに答える施術者の立場は国家免許と民間資格は白衣を着て施術にあたっていれば同じ立場と思われます。(※もちろん法律的立場は違いますが。)

ではどういう時に整骨院や接骨院。また整体院かと申しますと、痛めた部分があり「治療を目的とする場合」は整(接)骨院で「体の歪みを正し健康になりたい場合」は整体院です。大きな違いは治療院と健康院です。また、同じ痛みで信頼・共感出来るお友達がどこに行けば良いかを一番親切に教えてくれたりもします。看板よりお友達の体験や効果で口コミなどの情報や紹介を参考にしてみるもの非常によいアドバイスとなりますよ。

補足

今、保健所許可の国家免許取得治療院も保険診療の他に様々な施術サービスを打ち出しております。保険が利かない部分の自由診療の充実や国家免許を取得したうえでのカイロプラクティック施術
などなど様々な治療院形態が増えつつあります。

それと今現在の民間資格(整体・カイロ)の施術院の生き残りは開院10年後は5%しか残っていないというデーターも出ています。国家免許(柔道整復・鍼灸)の治療院でも口コミ紹介やリピーターが確保できない整骨・接骨院はこれから先もっと頑張らないと中心部のような共倒れの可能性があります。

温故知新で長年にわたり地域密着医療での治療院経営に従事されている先生の伝承柔道整復術・カイロプラクティック・オステオパシー・鍼灸etcの技術・患者さんへの取り組みや誠実さなどは、必ず長く地域に受け入れられていますのでどこに来院しようかの試案の際に口コミの評判と一緒に参考にしてみてはと思います。

整骨院で行うカイロプラクティックはどんなやり方?


整骨院・接骨院の柔道整復師の国家免許を取得している先生は一人で患者さんを触る数が一日30人~80人ぐらいです。(ちなみに整体・カイロは平均一日10人以下です)

カイロプラクティックも手当ての手技療法ですので、どれだけ治療を経験したかにその先生のレベルが比例するといっても過言ではありません。

今はテクニック書籍やDVDやセミナーが星の数ほどありますので学びたい気持ちがある施術者の知識やテクニックの引出しはそれはすごいものがあります。

しかし経験というのはどれだけの数とその症例をこなしたかと良い師に長い年月に渡り指導監修いただいたかによります。よって習得技術が充分発揮され一人一人の患者さんに結果(効果)が出せるかというのはどれだけ知識を得たかだけではなく、知識を得て経験したかによります。

治療の世界は守破離のことばの意味がぴったりです。
 
それとこれもよく質問されるのですが、カイロプラクティックでどうやって私の痛みを治すことをするのですか?とも聞かれます。

そこで私が「当院はディバーシファイドとガンステッドとペティボンとトムソンとピアーズと上部頚椎テクニックとローガンとアクティベーターなどのテクニックで患者さんの体型や症状に応じた対応をします。」

と答えると、患者さんは「……。」内心、先生にテクニック名称の説明をされても…。患者さんの立場に立った説明が欲しい…。自己満足で施術しないでほしい…。

と必ず思われますので、

カイロプラクティックテクニックの治療着眼点の違いがテクニックの数なので

そこは言わずに、

「患者さんの痛みと対話しながら私の経験でいろんな観点からの最良の手当てを選択し術を施したいと思います」

一つのテクニックの信望者にはならず、基本(触診)を大切に、決してカテゴリーだけに偏らず、イネイト(自然治癒能力)のみに片付けず、患者さんの立場を最優先に三位一体の手を取りあいながらの手あてを行いたいと思っております。

よろしくおねがいします。




よくあるQ&A

Q.
整骨院はどのような治療をするところですか?


A.
ねんざ・打撲・挫傷(筋肉損傷)・骨折・脱臼が保険で治療できます。骨折や脱臼は初回受診の応急処置以外の継続診療は医師の同意が必要となります。スポーツでの損傷や、首や腰を痛めた、肩・肘・膝・足を痛めたなどの患者さんを治療しています。


Q.
整(接)骨院と整体院の違いを教えてください。


A.
整(接)骨院は柔道整復師国家資格と厚生労働大臣の許可のもとに開業しており、柔道整復を業とし施術を行っております。整体院は現時点では資格を国が認めていないために民間技術資格となり開業許可も必要ないので自由業となります。ねんざ・打撲・筋肉損傷などを治療するには国家資格が必要ですが、健康回復のための施術にはカイロプラクティック院や整体院などの技術や理論はすばらしいものがあります。


Q.
交通事故でむち打ち症や打撲になりましたが整骨院で治療できますか?

A.
自賠責保険にて治療できます。初回に病院の受診をお願いしますが、その後の治療は保険会社にご連絡いただければ可能です。


Q.
スポーツで痛めたり、激しい練習で関節や筋肉に強い違和感が生じた場合にも治療できますか?


A.
保険で施術できます。スポーツ外傷は得意分野です。自分の体を追い込み、技術向上を目指して練習しているとアクシデントによる急性・亜急性の痛みは出現しますので症状が出た場合にはすぐにご来院ください。



Q.
肩こりは保険でできますか?


A.
ねんざなどによる二次的関連痛での肩こり症状は保険でできますが、単なる疲れ・慢性的な肩こりは自由診療の実費となります。


Q.
先生の治療院はどのような患者さんが多く受診されていますか?


A.
当院の来院の多い順番はスポーツ選手・学生さん・子育て世代・壮年の皆様・ご年配の方々の順です。



Q.
他の整(接)骨院と整形外科の同じ症状での同じ月に2ヶ所以上の通院は可能ですか?


A.
それはできません。レセプト(請求書)が返却される場合があり、返却分の実費払いなど患者さんの負担にもなりますのでご注意ください。


Q.
はり治療はやっていますか?


A.
当院は行っておりません。



Q.
マッサージはやってくれますか?


A.
当院では関節可動域の改善目的での筋肉マッサージや治癒促進のためのマッサージなどの手当ては必要と考えております。その他、ねんざや筋肉損傷などの急性期を過ぎた時期の筋肉緩和操作のマニュピレーションは早期回復には必要不可欠と考えておりますので必要に応じたマッサージ施術は行っています。単に凝ったところを揉んで欲しいという要望に対しては保険ではできませんので凝ったり疲れたりの場合は自由診療をおすすめいたしております。


Q.
施術時間は何分ぐらいですか?


A.
物理療法+手技で症状にもよりますが、だいたい30~40分です。



Q.
電気が苦手ですが他に方法はありますか?


A.
電気が流れる感じが苦手な方には、心地よい温熱の物理療法+手技で施術を行っています。



カイロプラクティックについてのQ&A

Q. カイロプラクティックは痛くないのですか?


A.
ご安心ください。痛く苦痛になる施術は行わないこと約束をいたします。ポキポキ鳴らすイメージから恐怖心を持ってしまう方もいらっしゃいますが、当院では強く首や腰を捻る動作で音が出るまで調整しないといけないという方法は患者さんの気持ちや体を無視した強引な施術と考えていますので行いません。院長の施術を信じて治療を任せていただいてる立場を弁え、相談と同意で施術を行います。調整が必要な椎骨や骨盤は元の位置に戻ろうとしていますのでほんの僅かな力でアジャストされます。


Q.
カイロプラクティックの看板がある治療院はどういう基準で選べばよいですか?


A.
カイロプラクティックは様々なテクニックがあり看板だけでは判断しにくいので、必ず通院された患者さん数名の評判や体験を参考にしてみた方がよいと思います。


Q.
カイロプラクティックの適応症を教えてください。


A.
首・肩・肘・背中・腰・股関節・膝・足などの関節や筋肉の痛みに対応できます。
その他姿勢不良からくる様々な症状にも対応できます。人間の自然治癒力を最大限に発揮させる手技療法ですので、様々な症状に適応できます。健康体維持やスポーツコンディショニングにも効果を発揮しております。美容に関しては、ご相談ください。


Q.
カイロプラクティックの技量は治療院によってかなり差があると聞いたのですが、先生のところはどうですか?


A.
私は症状の早期回復治療のためには、柔道整復の伝承手技に加えてカイロプラクティックの脊椎・骨盤の調整施術が必要不可欠と考えていましたので医療の国家資格を取得してからカイロプラクティックの基礎を専門学院で学び、その後はDC(パーマー大卒のドクター)に数年間ご指導していただきました。私が学んだ技術と経験をどれだけ必要としている患者さんに提供できるかを第一に考え、日々成長するために現在もセミナーやワークショップで切磋琢磨しております。


Q.
先生のところのカイロプラクティック治療はどのようなやり方をしますか?


A.
徒手検査やスタティックパルぺーション(静的触診)やモーションパルぺーション(動的触診)などの情報を触診しながら把握し、脊椎・骨盤のマニュピレーションとアジャストメントをしています。その他自動電動ディストラクションテーブルを使ってのモーションアシステッドパルぺーション(連動触診)をし、モーションアジャスティング(連動矯正)もしています。また部位によりアクチベーターや電動のアジャスターも使用しています。患者さんの体形や症状は十人十色ですのでカイロプラクティックテクニック理論の一つの考えに固執することなく柔軟に脊椎と骨盤を調整する方法で施術を行っております。










プロフィール

masukendo

Author:masukendo
ようこそおかもと整骨院ブログへ!!スポーツ外傷とカイロプラクティック・ほねつぎ業全般の治療に携わり28年目の柔道整復師(捻挫・肉離れ・骨折・脱臼施術者国家資格者)が営んでおりますスポーツ選手・交通事故の来院多い整骨院です。高知市潮江南地区で開業20年目・葛島2年目の2院にて治療施術を行っております。一期一会を大切にできるだけ多くの方々が笑顔になって帰っていただきたいと日々の治療に奮闘中です。どうぞよろしくお願い致します。

>>おかもと整骨院ホームページへ



カテゴリ



最新記事



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



QRコード

QRコード