『おかもと整骨院』
院長からの『お知らせ』・『日々の気づき』・『感謝』・『健康アドバイス』の日記
マクターロイヤルローラーベッド導入
当院にマクターロイヤルクラウンRというローラーベッドが仲間入りいたしました。

現在オスピナレーターというローラーベッドは2台あるのですが

さらに自由診療の患者さん用に、マクターロイヤルクラウンRのローラーベッドを導入させていただきました。

猫背改善や姿勢改善に活躍できると思いますので、ご期待ください。

それでは、大変暑い季節ですが、お体ご自愛ください。


お知らせ
温故知新。

新たにRF波施術を導入いたしました。

『伝承技術+良いものは取り入れる』 という当院の方針です。

当院は手技の追及と物理療法の特性を最大限に生かすことで結果を出しております。

治療理論や方針の押し付けではなく患者さんを診ていることを忘れずに日進月歩で頑張っております。

皆様方に感謝いたします。

おかげさまでありがとうございます!!
REBOX微弱電流器リフレッシュメンテナンスから帰ってきました。
レボックス
様々な急性の痛みに効果を発揮する物理療法器です。
ギックリ腰・寝違え・肩や肘の急性痛などいろんなケースに対応しております。
損傷の判別と同時に治療が出来るユニークな物療器でもあります

【レボックスの活躍について】

2007年故障者続出の反省を踏まえ、
ソフトバンクが総額1000万円強を投入して効果の実証されている治療器を導入しました。

「けがをしない体をつくることが一番なんだけど、想定外のけがもある。
選手は球団の財産なんだから(球団には)どんどん最新のもの(機械)を
取り入れなさいと言ってありますよ」。

王監督の大号令のもと、「レボックス」などの物理療法器を投入。
アイシングとレボックス通電を行うことがスポーツ選手には効果的である。小久保がシーズン中から愛用していた機器を、シーズン途中から活用し選手の評判もよく、さらに今オフ、1台を追加購入。

このようにスポーツ選手などに愛用されている物理療法器ですが、レボックスはまだまだ全国の治療院導入が少ない器械です。





治療の器械には個性があります!
施術の基本は手技(手あて)です。が

当整骨院に設置されている物理療法器には、院長のお眼鏡にかなったものだけです

それぞれの器械には特筆すべき長所があり、それらを最大限に生かすことで手当ての効果がより増すのであります。

精鋭①超音波 ※BNRとERAが優れている器械でないと院長は使いません
超音波1M 超音波US700
超音波は手では届かない深部の施術ポイントにアプローチ出来る“優れもの”です。いろんな症状や部位によって周波数を調整し使用していますが、当院では特に腰部ポイントの照射が効果を上げています。それと陸上選手のスポーツ障害などにも大変活躍しております。



精鋭②総合刺激装置ES-520 干渉波・TENS・EMS・微弱電流・HIボルテージ 
総合刺激装置ES-520 
人間の体には電気の流れる方向性があり、この装置から発する特殊電流をその施術ポイントに電極を調整しながら通電することにより、組織のリラックス効果や治癒促進効果がみられます。この装置は直流と交流の切り替えが出来るのでいろんな症状に対応できます。
当院では主に速効性のあるHIボルテージを使用しています。柔道世界大会やオリンピックにも使用された器械です。

精鋭③中周波三相電流装置
中周波
深い部分にある筋肉や腱や靭帯へのアプローチに優れています。自然な筋収縮がこの三相電流中周波でできるので患者さんは大変気持ちよく、また周波数と電流特性により即効性もあります。


精鋭④マジックボックス(直流微弱電流装置)
各国のスポーツトレーナーがオリンピックの選手サポート活動で使用している、急性痛に対して速効性のある器械です。

精鋭⑤超短波
一人の患者さんに超短波の器械5台を使用します。頸部ポイントと腰部ポイントに照射することで全身の血流量アップと体の深部の温熱作用が望めます。超短波特有の作用が正真正銘“体の芯”から温めるので、痛みが長く続いている患者さんには交感神経優位を副交感神経優位に変化させることができますので疼痛緩和に役立ちます。あと知る人ぞ知るHPS(ヒートショックプロテイン)を高めるにも最適です。








プロフィール

masukendo

Author:masukendo
ようこそおかもと整骨院ブログへ!!スポーツ外傷とカイロプラクティック・ほねつぎ業全般の治療に携わり27年目の柔道整復師が営んでおりますスポーツ選手・交通事故外来の多い整骨院です。潮江南地区で開業19周年になります。一期一会を大切にできるだけ多くの方々が笑顔になって帰っていただきたいと日々の治療に奮闘中です。どうぞよろしくお願い致します。

>>おかもと整骨院ホームページへ



カテゴリ



最新記事



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



QRコード

QRコード